葉酸を摂取しよう!│妊娠のタイミングを考えることが大切です

妊娠中の食生活

赤ん坊

妊婦は便秘や貧血になりやすいので、バランスの取れた食事が大切です。つわりの時は食べられるものを食べるようにしますが、水分もとれない場合は病院に行きましょう。点滴により楽になることが多いです。つわりが終わった後は体重が急激に増えやすくなりますので、体重管理に注意しましょう。

詳しく読む

妊娠中に役立つ栄養

観葉植物

妊活サプリとして葉酸を摂取する事が人気になっており、健康的な赤ちゃんを産むために重要な役割を果たします。葉酸は体内への吸収が優れており、食事の栄養バランスが悪くても、胎児に必要な栄養を届ける事ができるためオススメです。

詳しく読む

原因不明で特定できない

女の人

不妊の原因は特定できないことが多いのですが、女性の年齢や生活習慣や性行為の回数なども関係してきます。大阪でも不妊治療を受けられるので、産婦人科やレディースクリニックなどを訪ねてみましょう。不妊治療はタイミング法に始まり段階を踏んで排卵誘発剤を使用したり人口受精を実施したりします。

詳しく読む

細胞分裂のために必要

妊婦さん

妊活カップルにも

葉酸は人間には欠かすことができない栄養素です。生まれる前から人間は細胞分裂を何度も繰り返して人間の形になって成長していくのですが、その細胞分裂を行うために葉酸は欠かすことができない栄養素なのです。妊娠中に母親の葉酸摂取量が不足してしまうと、赤ちゃんが細胞分裂を行うために必要な葉酸が不足してしまうので無脳症や脊椎二分症などの先天的な障害になってしまう可能性があるため、妊娠前から葉酸の摂取が推奨されています。妊娠を望むカップルにとっても葉酸不足による貧血や女性の冷え性改善と卵巣の働きを良くする効果、男性の精子の染色体異常を防ぐ効果で妊娠する確率が上がると言われており、妊活サプリとしても大きく注目を浴びています。

出産が終わっても

葉酸は妊娠前から摂取することが知られていますが、これは胎児に葉酸が一番必要な時期が妊娠の超初期の段階のためです。無脳症や脊椎二分症などは脳神経系の障害です。脳神経系が形成される時期が人によってはまだ妊娠したことに気づいていない時期のため必要とされる栄養素のため妊娠を望む1か月ほど前から摂取を行うようにした方が良いと言われています。また、出産後も葉酸は必要な栄養素となり、授乳中は成人女性の約1.5倍の摂取が推奨されています。葉酸自体が熱や水に弱く、体内での吸収率も低いことからサプリの利用が推奨されています。「妊娠を望む人には重要」という認識が広がってきているため、これからも妊娠を望む人や妊婦さんへの需要は広がって行くでしょう。